FANDOM


アレクシア、天才にして類まれなる美しさを持つ私の妹。

私のすべて。 私はアレクシアが望むならばどんな困難も乗り越え、 私の命を懸けても目的を果たすだろう。アレクシアのため、父アレクサンダーの代で没落してしまった アシュフォード家の再興を急がねばならない。アレクシアと共にアシュフォード家の栄光を取り戻すのだ。

再興を果たしたら、高貴なものだけが集う宮殿を建てよう。

アレクシアを下賎の者どもの目にさらしてはならないのだ。愛するアレクシアに生涯を捧げよう。アレクシアは女王蟻の 如くこの地上に君臨し、私はアレクシアに仕える。

ああ、それこそが私の夢であり、私のアレクシアに対する愛の証なのだ。私はその為にこの世に生を受けた。 クズどもよ、アレクシアと私の足元にひれ伏す日は近いのだ。

愛するアレクシアに捧ぐ アルフレッド・アシュフォード

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki