FANDOM


UmbrellaCorporation3.png

アンブレラ・コーポレーションロゴ

アンブレラ・コーポレーション

薬品開発部門を持つ国際的ガリバー企業。社名『Umbrella』の由来は、「傘で人類を庇護する」所から来ている。社訓は「人々の健康を庇護する」。表向きを薬品製造企業と装う事で、裏での生物兵器開発を容易とした事に依り、これを大きな資金源として表裏の両マーケットを拡大して企業活動を続け、国際企業へと伸上った。社は政界にも太いパイプを持ち、法規等の操作、他社や財政界への二重スパイ活動も行う。又、独自に特殊戦闘部隊を組織(U.B.C.S.を参照のこと)しており、有事の際には即座に対応出来る様配慮されている模様。
表の顔
先述のように、アンブレラは表では製薬会社と偽って生物兵器開発を行っている。一般的に製薬会社という表の顔の方が認知度が高い。業界シェアはNo.1のようで、それをうたい文句としている。求人は、信仰、性別、人種なども一切問わず、業務管理、生産管理、配達員などを広く募集している。人気商品はアンブレラの主力商品でもあるADRAVIL(傷に使用する軟膏)、女性に人気のAQUA CURE(詳細は不明)、Safspin(瓶入りの錠剤で、病気を治すための薬品)。薬品以外にも医療機器なども開発、販売している。
兵器開発部門[1]
社内には、U.B.C.S.やU.S.S.などの準軍事組織で使用するための、対B.O.W.兵器開発を専門とする部門が存在する。主な仕事は、既在の銃器、兵器のカスタムであるが、オリジナルの対B.O.W.兵器の研究や開発も行っていた。同部門が開発した兵器は、2で登場した化学燃料火炎放射器、3のマインスロアーなどがある。それ以外では、U.B.C.S.の使用する武装では対処することの難しいB.O.W.対策に、S&W M29を改良した専用マグナムリボルバー等がある。同リボルバーの開発の発端は、暴走したタイラントを食い止めるため出動したがU.B.C.S.1個小隊(30名)が全滅した事件である。彼らの使う銃器は、軍用とは言え「対人用」であり、B.O.W.を倒すのは困難だった。そのため、U.B.C.S.や一般研究員がB.O.W.に対処できる兵器の開発を行うこととした。9mmパラベラム弾5.56mm NATO弾のような貫通性に優れるのではなく、ストッピングパワーに優れる大型獣ハンティング用のマグナム弾を使用する銃を、ベースとすることとし研究を開始した。スラッグ弾を装填したショットガン対物ライフルでは、マグナムを遥かに凌ぐストッピングパワーを得られるが、銃身長が長く取り回しに不便で、一般研究員などの戦闘の素人では扱いにくいため選ばれなかった。また、オートマチック拳銃よりも操作性や信頼性の優れるリボルバー拳銃がベースに選ばれた。その後、B.O.W.との戦闘経験のあるU.B.C.S.隊員の意見も取り入れ、「アンブレラ マグナムリボルバー」を完成させた。同銃は、0で使用できる。
歴史
創設者は世界的大富豪のオズウェル・E・スペンサー卿、名門貴族のエドワード・アシュフォード、生物化学者のジェームズ・マーカスの3人。1966年12月に創設者の3人は新型RNAウィルス「始祖ウィルス」を発見。スペンサーはこのウィルスを利用しB.O.W.を開発、軍事市場を独占することを狙い、友人のマーカスに起業の話を持ちかける。その後、1968年に製薬会社と偽り、3人で同社を立ち上げた。会社を創設した同年に、エドワードが死去してしまう。スペンサーは会社の運営に力を入れ、幹部を養成するために、アンブレラ幹部養成所の所長にはマーカスを任命する。マーカスは始祖ウィルスの研究に力を入れていたが、スペンサーの社内での発言力が増しているのに不満を持っていた。マーカスは長年の研究により、1978年にt-ウィルスの開発に成功する。彼はこの成果で、社内で優位な立場に立てることを確信していたが、スペンサーはラクーンフォレストに新設したアークレイ研究所にt-ウィルスの研究を受け継がせた。スペンサーは私欲のために友人であるマーカスを利用しつくし、スペンサーは彼の腹心のはずであったウェスカーに1988年、彼を暗殺させた。これと同時にアンブレラ幹部養成所は閉鎖される。アークレイ研究所では、t-ウィルスの研究が順調に進み、B.O.W.の開発を続けていた。その後、10年間でアンブレラ社は大きく成長していき、1998年には北米欧州南極の3地域を、アンブレラの主な拠点とした。スペンサーは10年前に閉鎖した幹部養成所を有効利用できないかと思い、2度調査隊を送り込んだ(バイオハザード0)。
アンブレラは人体実験などもいとわず研究を続け、アメリカ政府もそれを把握していたが、アンブレラの最大の顧客はアメリカ政府であるため、アメリカも表立って批判することはできず、非合法な研究などを容認せざるを得なかった。また、アンブレラはその膨大な資産を利用し政治家と癒着もしていた。アンブレラはラクーンシティでバイオハザードを発生させ、大規模な実験を行った。アンブレラはアメリカ政府に市民を隔離するように働きかけ、アメリカはアンブレラと政府の関係を隠蔽するため、ラクーンシティを爆撃した。
『4』ではこの企業の倒産後の物語が展開され、ゲーム冒頭においてラクーン市における事件により、生物兵器開発が世間に露呈。手に負えなくなったアメリカ政府に依って操業停止命令を受けた様が簡潔に説明され、この事に依って企業的信用を失して株価が暴落、事実上の廃業へと追い込まれた、と解説が入れられた。アンブレラ倒産後のスペンサーの消息は不明。
因みに、アルバート・ウェスカーは「プラーガ」を利用してアンブレラを復活させようと目論んでいる模様であるが、揮下のエイダ・ウォンがプラーガを確保した後の動向は不明である。

脚注 編集

  1. 月刊『アームズ・マガジン』2004年6月号のバイオハザード特集より

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki