FANDOM


クリムゾン・ヘッド・プロト1
記録上、クリムゾン・ヘッドへの突然変異を遂げた初の個体。この個体の発見により、V-ACT活動が発見された。発見時、周囲の人間を一瞬で惨殺するほどの凶暴性を有していたため、アンブレラ研究者は研究サンプルとして有用だと判断、捕獲に取り掛かった。捕獲後、冷凍保存し、安全性を保った上で生体の研究を開始。プロト1より得た変種体T-ウィルスを培養生産した。
危険な個体であるため、洋館ホール裏墓地の地下室に、厳重な仕掛けを施した上で、棺桶に入れて保管されていた。その後、アークレイ研究所の生物災害でプレイヤーの手により、封印を解かれることになる。研究所の生物災害後も、アンブレラはプロト1に興味を示していたようだが[1]アークレイ研究所に勤めていた研究者が全員死亡し、研究所も崩壊したため、調査は挫折してしまった[1]
  1. 1.0 1.1 『biohazard archives』株式会社カプコン、ISBN 4906582311

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki