FANDOM


トランスクリプト編集

くそったれ!誰かこれを読む者はおるのか。わたしが死肉狂いどものエサになった後街を閉鎖していたGIどもが見つけて笑うのだろうか。

助けてくれ!もう駄目なのか?死にたくない!まだわたしは生きていたい!妻も娘もお袋も、みんな殺された。しかしそんなことはもういい。はるかに重要なのはわたしの命だ。こんな唐突に終わりがくるのなら、営業マンなんぞならなかった。わたしは小説家になりたかったんだ。「お前の人生は長いのだから」というお袋のたわごとはクソ食らえだ!私は偉大な小説家ダリオ・ロッソとして賞賛され・・・

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki