FANDOM


トランスクリプト編集

「身寄りは?」
軍将校がつとめて穏やかに問いかけても
シェリー・バーキンは答えなかった。
少女に肉親はいない。
自らが生み出した軍用ウィルス“G”
によって無残な最後をとげたのだ。
少女は自身の両腕で身体を抱きしめると
小さな唇をかみしめた。
きっと戻ってきてくれる……。
孤独なシェリーにとって
クレアの残した赤い皮ジャケットだけが
ただひとつ残された人との絆であった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki