FANDOM


トランスクリプト編集

事件の後
ジル・バレンタインは旅立った。
クリス・レッドフィールドと
合流するためてある。
だが……ジルを待っていたのは
ものけの殻となった隠れ家であった。
床にはクリスのナイフが道標のごとく
鈍色の光を放っている。
ジルは迷いなくその場を立ち去った。
彼女は信じている。
必ず生きて再会する、
そう盟友と誓ったのだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki