Fandom

BIO HAZARD Wiki

ジルの日記

383このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

トランスクリプト編集

8月7日

あの日から2週間が経っていた。身体の傷はすでに消え、周囲の私に対するぎこちない気遣いもなくなった。人々にとって、それはもう過ぎ去ったことなのだ。 しかし私は目を閉じるたびに、それが鮮明によみがえってくる。生肉を食らう人のなれの果て、怪物に生きながらむさぼられる 心の傷は今も消えてはいないのだ。


8月13日

クリスは最近もめごとを起こすことが多くなった。 あまり他の署員と口をきかなくなり、いつもいらいらとしている。 この前など、少しコーヒーのしずくが飛んだだけで少年課のエルランを 殴り倒してしまったのだ。私はすぐに止めたが、彼は私を見ると軽くウインクをして行ってしまった。彼はどうしてしまったのか・・・。


8月15日

深夜、謹慎を命じられているクリスに呼ばれ、私は彼のアパートをたずねた。クリスは私を部屋に通すとすぐに数枚の紙片を押しつける。それは“G”とだけ題された、ウィルス研究論文の一部であった。 クリスは、「悪夢の続きだ」といった。「まだ、あれは終わっていない」と。 彼はあの日以来、休息もなく戦いつづけていたのだ。私にすら告げずに。


月24日

今日、クリスは欧州へ旅立つために街を離れた。 バリーは一度家族をカナダへおくり、その後に追うといっていた。私はラクーンシティに残ることになる。 この街に残る研究施設が重要な施設であることを知っていたからだ。 クリス達には一ヶ月ほど遅れるが、欧州のどこかで彼らと 落ち合うことになるだろう。その時こそ、私の本当の戦いは始まるのだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki