FANDOM


スティーブ・バーンサイドSteve Burnside)は、カプコンのゲーム「バイオハザードシリーズ」に登場する架空の人物。『バイオハザード CODE:Veronica』及び『ガンサバイバー2 CODE:Veronica』、『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』に登場する。

声優は、「CV」ではビル・ホウストンが、「DC」ではサム・リーゲルが担当。

基本設定 編集

  • 年齢:17歳(1998年時点)
  • 身長:173cm
  • 体重:67.5kg
  • 血液型:AB型

バイオハザード アーカイブスより)

ゲーム内の設定 編集

父は元々アンブレラ社で事務員をしていたが、他社に情報を売ろうとしたところ発覚してしまい、スティーブはその父と共にロックフォート島の私設収容所に収監されていた(母親はこの際抵抗しようとし、殺害されている)。この出来事が原因で、身内というものに嫌悪感を抱き始めている。 どのくらいの期間収監されていたかは(数か月とあるだけで具体的には)不明、ロックフォート島でバイオハザードが発生。その混乱に乗じて牢屋から脱出し、同じく牢から出てきたクレア・レッドフィールドと出会う。彼女と協力して脱出ルートを模索するうち、彼女に淡い恋心を抱くようになる。その後は輸送機でロックフォート島からの脱出したが、カーゴルームに乱入してきたタイラントと戦闘になった挙句、アルフレッド・アシュフォードの罠にかかりアンブレラの南極基地に不時着。ここでクレアと離散してしまい、アレクシア・アシュフォードT-Veronicaウィルスを投与されてしまう。その後クレアに発見されるも、彼女の目の前でモンスター化。「クレアを殺せ」というアレクシアの命令に逆らえず、大斧でクレアに攻撃を仕掛けてしまう。 しかし、戦闘中にウィルスの力を抑え込んで自我を取り戻し始め、クレアの身動きを奪っていた触手を切り落とすが、残った触手の攻撃によって致命傷をうけ、怪物化した姿から人の姿を取り戻すも時既に遅く、クレアに自らの恋心を伝え逝く。 その後、遺体はアルバート・ウェスカーによって回収され、研究材料とされてしまう。これは、彼は当初アレクシアを目的としてやってきたが、彼女が予想外に強かったので同じウイルスが体内にあるスティーブの方が手っ取り早いと考えた為。「CV」のラストで、ウェスカーは半ば冗談気味に「ひょっとするとオレのように蘇りいつかお前の妹と再会するかもしれんな」とクリスに言い放っている。だが、スティーブに関するどの文書を見ても「死亡」「逝った」「生涯に幕を下ろした」などと記述されており、現在までのところ再登場する気配は無い。 その後、ウェスカーは彼からベロニカウィルスを抽出。ハヴィエ一家がその渦中にのまれ、父ハヴィエはB.O.W.化、娘マヌエラは感染者として保護される(オペレーション・ハヴィエ)。

性格 編集

表面上はお調子者で生意気だが、内面は純粋で愛に飢えている(バイオハザード アーカイブスより)。 一人称は「オレ」もしくは「俺」で、DCではアルフレッドに対し「テメー」というような言葉づかい。 二人称は「お前」か「あんた」だが、「CV」の死に際にクレアに告白するシーンでは「君」だった。 上記の理由により父親を相当憎んでいたが、父親がゾンビ化し現れた際には引き金を引くのにかなり躊躇した。 「バイオハザード CODE:Veronica~完全版~解体真書」にある記述から、事件以前は慕っていたことがうかがえる。

「CV」と「DC」での共通点と相違点編集

共通点

  • 髪の色は赤茶色(ダークサイド・レポートより)
  • 瞳は緑(ダークサイド・レポートより)

相違点

  • オリジナルの「CV」では髪型はセンター分け、完全版では前髪をおろしている。「DC」はその中間で、ダークサイド・レポートによると七三分け。
  • 服のバックプリントの文字は「CV」では黄色で"ROCKFORT PRISON 267 STEVE"なのに対し「DC」では白で"ROCKFORT PRISON 0267"となっている。
  • 上に着ている青い服は、「CV」では全部青(端の方は若干黒っぽい)なのに対し「DC」では裾が白い。
  • 「CV」にはなかった囚人管理用のバーコードがDCでは左腕にある。
  • 顔つきも「CV」と「DC」で若干異なっている。
  • 怪物化する直前、斧は「CV」では右肩から斜めに彼をおさえていたが、「DC」では正面から首を固定する形となっている。
  • 「DC」では、会話こそしないもののクリスと出会っている。「CV」では、お互いクレアからその存在を聞いて知っていたのみ。
  • 使用するルガーは、「CV」ではゴールドモデルだったが本作ではノーマルモデルとなっている。ただし、パッケージイラストでのみゴールドルガーを持っている。

モンスター化スティーブ 編集

  • 「CV」では体力が無限に設定されており、たとえロケットランチャーを撃ち込んでも倒すことができないが、「DC」では有限となっている(特定の場所までたどりつけば体力をゼロにしていなくても戦闘が終了する)。
  • 「DC」では「CV」と違い弱点として心臓が露出している。また、戦闘を行う部屋にはかなりの高低差があるが、それをものともしない驚異的なジャンプ力をみせる。なお、その部屋には斧が複数設置してあるため、斧を投げつけて来ることがある。
  • 「DC」の「オペレーション・ハヴィエ」に登場するクリーチャー「ジャバウォックS3」と形状が酷似しているが、耐久力・強さには大きな差がある。
  • 戦闘時のBGMは、「CV」と「DC」とで全く異なるものが採用されている。

主な使用武器 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki