FANDOM


Nicholai in film.png

'田所浩二Tadokoro kouji

U.B.C.S.・D小隊B分隊隊長。階級は軍曹。年齢は1998年時で35歳。身長187cm、体重102kg、血液型はA型、銀髪。出身地はモスクワ。元ソ連軍スペツナズ隊員で、冷戦時代は世界中で要人暗殺や破壊工作といった特殊作戦に従事していた。そのため、彼の軍歴には謎が多い。当時に磨いた暗殺術ブービートラップが最凶の名を授けた。近接格闘市街戦密林戦隠密潜入などにも精通し、軍人としての能力は非常に優れており、作戦時の生還率の高さも並外れている為アンブレラからの評価も高い。しかし、状況によっては仲間であっても容赦なく殺害する冷酷な性格でもある為、部隊内の評判は芳しくなく、実際に部隊内では彼の生還率の高さを疑問視する声も多数でていた。ラクーンシティには市民救出目的で他の隊員と共に派遣されたが、実際は監視員(スーパーバイザー)という事件の中で起こった出来事の記録(生物兵器の有効性の確認や、突発的にどのようなB.O.W.が発生したかの調査、病院の医療データ)、及びアンブレラの不利になる証拠の隠滅が目的(彼らのみ他よりも強い抗体を投与されている他、いくつかの脱出経路も確保されているという好待遇だった)。監視員の長であるセルゲイ・ウラジミールとは、ソ連軍時代に共に戦った(おそらくはソ連アフガン侵攻)模様。その任務遂行能力の高さから、『バイオハザード2』に登場したU.S.S.隊員のハンクとはライバルのような関係であった(周囲の人物がそう見ていただけで、本人達は特に意識もしていない)。また、彼はより多くの成功報酬をアンブレラから得るため、自分以外の監視員を全員殺害し、アンブレラとの取引相手を自分だけにしたうえ回収したデータを横取りしようと画策する。彼にとって他の監視員達を殺害することは造作もなく、ジルが彼の素性を知ったときには、彼の計画は完遂されていた。ジルが生存していることを知ると、彼女に掛けられた懸賞金目当てに彼女も殺害しようとする。ルートによっては追跡者に殺害されるが、攻略本[1]のQ&Aでこれはジルと会話していた所を目撃され、追跡者にジルの仲間だと認識されたためとのことである。

ちなみに、『クロニクルズ』にて、アンブレラ社幹部のセルゲイがラクーン市壊滅事件後にニコライに手紙を送っていることが確認できるため、生存が確実になった。

なお『バイオハザード ガンサバイバー』に、彼が記した調査報告書「ラクーンシティ崩壊後レポート」が登場する。『バイオハザード アウトブレイク』にもよく似た人物が登場しているが、ゲーム中に名前は出てこないため本人かどうかは定かでは無い。また、映画版第2作に同名の人物が登場するが、人物設定は大きく異なり、登場し名前を名乗った直後に殺害される役となっている。

『THE MERCENARIES OPERATION MAD JACKAL』ではナイフとハンドガンのみという貧弱な装備で他の二人より圧倒的に苦戦を強いられる。反面、ナイフで敵を倒すと通常の二倍の利益が得られるので、ナイフによる戦闘を極めたプレイヤーならかなりの高記録を狙うことも可能である。

  1. 『バイオハザード3ラストエスケープ 公式ガイドブック完全征服編』カプコン株式会社

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki