Fandom

BIO HAZARD Wiki

ハンク

383このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ここは戦場だ―――自分の運命は自分で切り開け


ハンク(HUNK)は、カプコンのゲーム「バイオハザードシリーズ」に登場する架空の人物。このうち「バイオハザード2」、「バイオハザード4」、「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」に操作キャラとして登場するほか「バイオハザード3」「バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ」にもちらっと登場、「バイオハザード CODE:Veronica」にも名前のみ登場する。通称「死神」。声優は全登場作品でキース・シルバーシュタインが担当。

基本設定 編集

年齢不明、血液型不明、身長・体重も不明(ただし見た限りあまり大柄ではない)。現在分かっている事は男であるという事ぐらいである。

バイオ2の隠しシナリオ『The 豆腐 Survivor』のクリア画面において、箸を左手で持っていたことから左利き説が浮上したが、「UC」ではH&K VP70を右手で持っており、『4』のマーセでは『5』のシェバのように操作時に右寄りにならない。

人物像 編集

上にあるように、その登場頻度はウェスカーに比肩するが、バイオハザードの登場人物一謎が多いと言える。ハンクという名前は、コードネーム的なものであり(このため他のキャラはChrisのように大文字+小文字で示されていても彼のみ常時大文字だけで表記される)、本名は不明。もちろん趣味やプライベートの事は未だに謎である。彼のほかにもU.S.S.の隊員にロドリゲスやマイクと言う人物がおり、彼らもまたラクーンシティで活動していたU.S.S.隊員である。

外見・性格 編集

黒中心の戦闘服にガスマスクと戦闘用ヘルメットを着用し、一切肌は見えない。素顔は、「3」を高難易度で8回クリアするか「UC」の彼のシナリオ(the 4th survivor)をクリアするかのどちらかで見られる。ただし、前者のほうがはっきりと見え、茶髪で短髪であることがよくわかる(後者は一瞬であり直接見えるわけではない)。「UC」では「ここは戦場だ―――自分の運命は自分で切り開け」と言い放っていることから、温かいイメージは伝わってこない。

彼に関する誤解 編集

プレイヤーの中には、彼がアルバート・ウェスカーの部下であると認識している人もいるが、それはウェスカーがアンブレラ関係者だったころの話であり、洋館事件以来同社を裏切ったウェスカーはむしろハンクと敵対関係にあるといえる。そのため、一番よくある誤解「スティーブ・バーンサイドを回収したのはハンク」というのはあり得ない話である。

ストーリー 編集

バイオハザード2 「the 4th survivor」編集

隠しシナリオである「the 4th survivor(以下t4s)」は、彼を中心としたものである。これといったボスは存在しない。G-ウィルス回収のため派遣された、彼を含むアンブレラ特殊工作部隊アルファチームは、ウィリアム・バーキンを射殺しサンプルを回収。だが、Gと化したバーキンはハンク以外の全員を殺害。同時にGのサンプルは失われてしまった。だが、あきらめずに奔走した彼はついにレオンが放り投げたサンプルの回収に成功。ただひとり生還する。

バイオハザード CODE:Veronica編集

本作において、二年前ハンクがロックフォートで訓練していたことが判明する。アルフレッドには、多少なりと敬意を払っていた様子。

バイオハザード4編集

当初本編に登場する予定だったが結局ボツになりミニゲーム「THE MERCENARIES」のみの登場となった。

使用武器編集

サブマシンガン

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia