FANDOM


トランスクリプト編集

バリー・バートン
幼い娘達の前にかがみ込むと
ゆっくりとかぶりをふった。
「すまない、仲間が待っている」
一度は家族のため、裏切りに
手を染めようとしたこともあった。
それが仲間に許された時、男は家族と
離れても信頼に報いる意思を認めたのだ。
「あなた、私達は大丈夫……」
妻は花のような笑みを浮かべ、
精一杯の背伸びで夫にくちづけした。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki