FANDOM


緊急時に作動する生物実験室のドアロックシステムだが、あれはお前も知ってのとおり、4桁のパスナンバーで解除されるようになっている。 それくらいは覚えているよな?

今回システム管理者から定期的にパスナンバーを 変更するように指示がきたんだが、お前ときたらパスナンバーやら化学式やらの重要なことを 書いたメモをいつも無くしちまう。

そこでだ、生物実験室の奥に赤い人骨の絵がかけてあるだろう。今回はそのサインのナンバーをそのままパスナンバーにすることにした。 メモを無くしてしまった場合は絵を見るようにするといい。

もっとも、緊急時のパスナンバーなんか使うことはないだろうがな。 まあ、そういうことだ。うっかり屋。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki