FANDOM


1978年2月3日

実験体のヒル4匹へ「始祖」を投与開始。生存のための寄生と捕食、そして繁殖。その全てを本能で繰り返すヒルは生物兵器として最適であると考えられたからだ。ヒルたちはしばらく苦しむようにのた打ち回っていたが、間もなく沈静化した。以後は、しばらく目立った変化無し。


1978年2月10日

投与開始から7日間。全長が二倍までに肥大化し、変態の兆しが見える。 産卵も無事に終え、最初の倍の数まで一時増えたが、異常な食欲のおかげで共食いを始めてしまった。 急いでエサを調達するが、2体を失ってしまった。


1978年3月7日

エサを生きたまま与えることにするが 半数が逆にエサに攻撃され、失われてしまった。しかし、それを学習したヒルたちの攻撃パターンは 次第に単体ベースから群体ベースへと 移行する様子を見せ始めた。これを境に共食いもしなくなった。予想を越えた、素晴らしい進化ぶりだ。


1978年4月22日

ヒルたちは捕食の時以外も個体での行動を止め、 常にある程度まとまった集団として行動を取るようになる。 与えるエサにも、驚くほど効率的に攻撃するようになった。


年4月30日

所員の一人に実験の事を感づかれてしまったようだ。 “エサ”が人間になったら? ヒルたちの反応はどうだろうか?


1978年6月3日

今日は素晴らしい記念日となった。彼らが私の姿の擬態を始めたのだ!私を親として認識しているのか・・・。かわいい子供たち。もう誰にも渡しはしない・・・。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki