Fandom

BIO HAZARD Wiki

ビリー・コーエン

383このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ビリー・コーエンBilly Coen)は、カプコンのゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する架空の人物。

登場作品は『バイオハザード0』、『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』。

公式プロフィール編集

  • 年齢:26歳(1998年当時)
  • 血液型:A型
  • 身長:181cm
  • 体重:74.2kg

キャラクター編集

アークレイ山中にて発生した猟奇事件の調査に当たっていたラクーン市警特殊部隊「S.T.A.R.S.」ブラヴォーチーム所属のレベッカ・チェンバースが、同山中に停車中の黄道特急列車で出会った、元海兵隊少尉の死刑囚。海軍仕込みの屈強な肉体を持ち(アンブレラ・クロニクルズでもムービーやカウンター技で優れた体術を披露する)、どんな武器でも易々と扱うことができる。一見無愛想だが正義感が強く、義理堅い性格。特技はピアノで、楽譜を見るだけで楽々と弾くことができる。Tウイルスに完全な抗体ををもっているかは不明。

死刑囚とされたのは、「ある作戦中に無罪の民間人を23人射殺した」との理由による。だが、ビリーの性格と回想シーンでの描写(虐殺を止めさせようと上官に掴み掛かる)を考慮すると、実際に虐殺行為を働いたのは彼の上官とそれに従った同僚達であり、冤罪の可能性が極めて高い。なお、この事件に関してはマスコミも懐疑的な姿勢を見せている。

死刑執行に伴う移送中、アークレイ山中で護送車が何者かに襲われ、その隙に乗じて逃亡。山中に停車していた黄道特急列車へと身を潜めていたところ、車内で発生したバイオハザードに、捜索活動中のレベッカと共に巻き込まれてしまう事態に陥った。ゾンビの巣窟となった列車から脱出すべく協力を求めたレベッカからは、一旦は拒まれたものの、危機的状況の中で次第に信用を獲得。互いに助け合いながら黄道特急列車、及びアンブレラ幹部養成所から生還する。身に付けていた海兵隊時代のドッグタグは、機転を利かせたレベッカが別れ際に虚偽報告用として受け取った。

脱出後、レベッカと別れた以降の消息は明らかにされていないが、直後の洋館事件からも無事生還した彼女がビリーの死亡報告書を提出しており、公式記録では死亡したことになっている。

ライターを所持しているが、喫煙者かどうかは不明。

ゲーム上の特徴編集

  • レベッカに比べて体力が多い。
  • 強い反動のある銃器でも後退することなく、レベッカより短い間隔で連続射撃が行える。
  • ハーブや薬品の調合ができない。
  • ライターを所持しており、仕掛けに着火が可能。
  • ピアノを弾くことが得意で、それを利用した仕掛けを解くことができる。
  • 大抵の重量物を押すことができる。
  • ゲームクリア特典として、コスチュームが1着追加される。

使用する主な武器編集

ビリーを演じた声優編集

  • David Webster(『0』)
  • スティーブ・ヴァン・ワーマー(『UC』)



テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki