FANDOM


Irons DC.jpg
Brian Irons.jpg

ブライアン・アイアンズBrian Irons

R.P.D.署長。部下の信望が厚い男と見られていたが、実際には猟奇的側面を持ち、抑圧された状況に置かれると暴走しやすい危険な本性を有している。また、過去5年間に渡りアンブレラから多額の賄賂を受け取っては関連事件の揉み消しを行っており、洋館から生還後のクリス達の活動も妨害していた。バイオハザード発生後は、意図的に弾薬の配置を拡散させるなどして署内をかく乱させた上、自らの手で署員や市長の娘を殺害した。クレア編表ではG第1形態に胚を植え付けられて拒否反応で死亡し、クレア裏編ではG 第1形態に真っ二つにされて殺される。大学時代には、二度に渡り女子学生に乱暴を働いた疑いがあり、精神鑑定を受けているが、成績優秀のため不問に付されている。剥製作りが趣味。ちなみに、セガサターン版『1』の初回特典に付いていた小説にはブライアン・アイアンというR.P.D.署長が登場するが、同一人物であるかは不明。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki