FANDOM


He's coming for us, we're both gonna (sic) die!



ブラッド・ヴィッカーズBrad Vickers

年齢:35 血液型:O 身長:174cm 体重:60.8Kg 趣味:スポーツ観戦 配置:RS

バイオハザード 編集

科学防護要員。趣味は日曜大工。でも才能がなく悩み続けてやむなくやめてしまった可哀想な男。通信機器関係の扱いに長けておりヘリ操縦免許も取得している。小心者で、プレッシャーに弱く長い物に巻かれるタイプ。今回の作戦ではヘリの操縦を担当、オープニングで他のアルファ・チーム隊員を残し飛び立ち、洋館の上空で連絡を待ち続けた。『バイオハザード2』ではゾンビとして登場するが、その経緯は続編である『バイオハザード3』にて明らかとなる。

バイオハザード2 編集

S.T.A.R.S.隊員のゾンビ。童貞のまま感染した悲しい男。生前の設定については『1』を参照。ある条件を満たすとR.P.D.正面玄関前の地下通路に登場し(EASYだと登場しない)、倒すとコスチュームチェンジが可能になるアイテムと、生前に書き残したメモが手に入る(後者は一部の機種でのみ)。ゾンビになる経緯は『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(以降、『3』)で明らかになる。S.T.A.R.S.隊員だっただけのことはあり、体力は通常のゾンビよりも遥かに高い。

バイオハザード3 LAST ESCAPE 編集

S.T.A.R.S.のメンバー。臆病な性格であり、彼だけは他のメンバーのようにアンブレラの調査に加わる事もせず、ラクーンシティに留まっていた。ゾンビとの戦いで負傷するなか、ジルに助けを求めるが追跡者に頭部を串刺しにされ絶命する。その後ゾンビ化してしまう(ゾンビ化した姿は『バイオハザード 2』に登場している)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki