Fandom

BIO HAZARD Wiki

ルイスのメモ 2

383このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

初代城主の頃に封印された「プラーガ」は、そのままの状態で、この城の地下に眠っていたらしい。しかし、サラザールがその封印を解いた当時は、「プラーガ」を再生する試みが成功するとは誰も思わなかったようだ。


なぜなら、発掘した「プラーガ」の全てがミイラ化してしまっていたからだ。

元々、他の生物に寄生しないと生きていけない寄生生物である「プラーガ」が、単体で生き延びているはずはなかったのだ。だが実はこの時すでに、サラザールも気が付かないうちに、「プラーガ」は自ら復活の準備をしていたようだ。


それから何年かして、「プラーガ」の発掘作業に駆り出されていた村人達の間で、原因不明の発作が起こるようになったらしい。


その者達はある日突然、凶暴化して人を襲うようになってしまったのだ。

実は発掘当時、成体だった「プラーガ」はミイラ化していたが、幼体だったものは、微細な胞子となって休眠状態のまま生存していたのだ。 村人は発掘作業の中で、乾燥した胞子を吸い込み、その体内で胞子を蘇生させてしまっていた。


こうして「プラーガ」は再生されたのだ。


そして、今も城の地下では「プラーガ」の発掘が続いている。


教団が再生させた幼体の総数は不明だが、すでに相当数の「ガナード」が生み出されたはずだ。すぐにでも教団の活動を止めねば、このままでは世界中の人間が、教団の犠牲になってしまう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki