FANDOM


-作戦報告書- 9月26日


当ラクーン警察署は、ゾンビの突然の襲撃により死亡者、負傷者を多数輩出。

その際、通信機器が破損。


外部との連絡が不可能になる。


被害の拡大を防ぎ、署内に残っているであろう生存者を


救助する作戦を決行。


ここに作戦討議内容を記録する。


・武器・弾薬の確保 ゾンビ襲撃の前日、近日の度重なる怪事件から 署長はテロ活動を懸念。


武器庫を占拠された時のことを考慮し、一時的に武装を各所に散らすことにした。


不幸なことにそれが災いし、弾薬の所在が把握できなくなってしまった。


署内に散らばった弾薬を集めることが先決である。


武器庫のロック解除上記のように、弾薬の確保は困難を極めるだろう。


しかしながら地下の武器倉庫にはまだその多くが保管されているはずである。


武器庫を開放するためにのカードキーの管理者が 行方不明であり、カードの所在が分からない。


また、戦闘の際に一部のブレーカーが落ちてしまったため、特定区画の電子ロックが機能していない。


動力室にて電力の回復を図らなければならない。


記録者 デビッド・フォード


-作戦報告書- 9月27日


午後1:00


署内西側のバリケードが突破され、戦闘が起こった。


負傷者を一時的に1F押収物倉庫へかくまうが、


今回の戦闘で12名もの被害者を出してしまった。


記録者 デビッド・フォード


~追加報告~


突然現れた怪物に、更に3人もの命が奪われた。


全身の皮を剥いだかのような異様な容貌、 鋭利な爪、 ・・・しかしもっとも恐ろしいのは、舌を使った一撃だ。


奴は伸縮自在する下を自在に操り、 槍のように尖らせ一瞬で 3人の心臓を刺し貫いたのだ。 他にもどこに潜んでいるのか分からない。 我々は奴等を“リッカー”と名付け緊急に対策を講ずる事とする。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki