FANDOM


トランスクリプト編集

焼却処理工場は各研究施設で発生する廃棄物を
処理する機構の一つである。ガス処理室で化学処理しきれなかった
廃棄物や旧式の研究器材などをこの工場は焼却処理し、
火力発電により研究施設への電力供給も行っている。
発電によって発生する大電力の一部は工場地下に
設置された大型蓄電池に蓄電され、有事の際の非常用電源として
機能するようになっている。

非常用電源回路は設置された三つの非常回路ユニットがソケットに
接続されて初めて始動する。もしも接続がなされない場合は全ての
非常回路ユニットを人力で挿入しシステムを強制起動する方法もある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki