Fandom

BIO HAZARD Wiki

BIOHAZARD ローズ・ブランク

383このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

BIOHAZARD ローズ・ブランク』は、カプコンのゲームソフト『バイオハザードシリーズ』を愛沢匡が小説化したホラーゲームノベライズ

出版経緯 編集

  • 2002年(平成14年) 『BIOHAZARD ローズ・ブランク』が電撃文庫より刊行。 
書籍情報
BIOHAZARD ローズ・ブランク 2002年 ISBN 978-4-8402-2080-4

出版関係 編集

  • 原題 -
  • 初版発行 -
  • 著者 - 愛沢匡
  • 翻訳 -
  • 発行者 -
  • 印刷 -
  • 製本 -
  • 発行所 - メディアワークス
  • カバーイラスト -
  • カバーデザイン -

あらすじ 編集

グアテマラの山中に位置するアンブレラ免疫抗生研究所では、VR(バーチャルリアリティ))マシンを使用した抗ウィルスのワクチン開発が進められていた。

研究所の主任エミリ・ランは、環境運動家を名乗るリチャード・フックスという男との面会を控えたある日、VRマシンの事故に遭遇する。対応に追われるエミリの前で多発する不可解なトラブル。そして突然の停電。暗闇の中エミリは研究所内でバイオハザードが起きていることを知る。

これは事故なのか、それとも……。

登場キャラクター 編集

エミリ・ラン
プロジェクト・ローズ主任。シミュレーション技術者。
キヌタ・ヒロム
プロジェクト・ローズ研究員。プログラム・エンジニア。エミリの部下。
ロバート・ポラッシュ
プロジェクト・ローズ研究員。臨床系技術者。
リーナ・ミットフォード
プロジェクト・ローズ研究員。VR技師。
クリスチャン・セルフリッジ
アンブレラ免疫抗生研究所経営顧問。
レン・スプレイグ
アンブレラ免疫抗生研究所所長。
ユリシーズ・アラム
警備班長。
サイモン・ビーチ
警備員。犬の飼育系。
リチャード・フックス
自称環境活動家。
アルマ
ラクーンシティ事件の犠牲者の少女。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Lit-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki