FANDOM


BIOHAZARD GAIDEN』(バイオハザードがいでん)は2001年カプコンが販売したゲームボーイカラー用ホラーアドベンチャーゲームである。開発はM4 Ltd.イギリス)。カプコン最後のゲームボーイ用ソフトであった。

概要 編集

本作は、そのタイトルが示す通り『バイオハザードシリーズ』の外伝作品である。ゲームボーイカラーというプラットフォームによる制約から、2Dマップ見下ろし型のゲームであり、従来の作品とはプレイ感覚は大きく異なる出来となっている。

特徴 編集

戦闘システムが独特の形式をとっている。プレーヤーは画面の表示に合わせてボタンをタイミングよく押すことにより敵を倒していく。2Dゲームの枠内で一種のリアルタイム性を狙ったものである。

なおゲームクリアすると、2周目からバグが発生する事がある。主に、本来使用することが出来ないアイテムで施錠された部屋を開錠した場合。開錠に使ってしまったアイテムは消失してしまうため、重要アイテムを使って開錠してしまうとストーリーが進まなくなるなど障害が出る(調理室にある冷凍庫の鍵をヒューズを使って開ける等)。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

元S.T.A.R.S.隊員やアンブレラ薬品からの脱走者が、アンブレラに対抗する地下組織(名称不明)を結成した。バリー・バートン、レオン・S・ケネディーもその地下組織に参加している。

他人に擬態する能力を持った新型B.O.W.が豪華客船STARLIGHT号に乗り込んだことから、最初にレオンが抹殺任務を帯びて同船に潜入する。しかしレオンからの連絡が途絶えたことで次にバリー・バートンが派遣されることとなる。

ゲーム開始時、プレーヤーはバリーを操作する。

キャラクター 編集

レオン・S・ケネディー(Leon S.Kennedy)
21歳。地下組織のメンバー。威張る事があるが、ユーモアにあふれているため仲間からは人気がある。水泳が苦手。
バリー・バートン(Barry Burton)
38歳。元S.T.A.R.S隊員。地下組織での武器の管理を担当している。
ルシア(Lucia)
13歳。STARLIGHT号唯一の生き残り。読心術のような特殊な力を持っている。
新型B.O.W.
任務のターゲットとなる存在。他人に擬態する能力を持つ。普段は衣服を身につけておらず全裸のタイラントを彷彿とさせるが、腹部から多数の触手を出す点はネメシスの様にも見える。軍用とおぼしき潜水艦外殻を打ち破るなど、中々のパワーを誇る。正式な名前は明らかにされておらず、ゲーム内ではB.O.W.やオオオトコと呼ばれる。物語中盤に、人間との判別方法として血液が緑色であることが明らかになる。

エンディングについて 編集

本作のエンディングは、レオン・バリー・ルシアの3名が豪華客船の脱出に成功するというものである。しかしながら、無線機で脱出の成功を報告するレオンの首の切り傷から緑色の血が流れている(アップで強調されている)ことがプレーヤーに衝撃を与えた。

レオンが既に新型B.O.W.に寄生またはウイルスに感染しており後に発売予定される『バイオハザード4』で詳細が明らかにされるのではないかという憶測を呼んだものの、結局レオンの血の色について説明される事はなかった(『バイオハザード4』では彼の血の色は赤色である)。 本作は外伝という位置付けのため、本編と直接な関連性はないと思われる。

外部リンク 編集

ar:ريزدنت إيفل غايدنgl:Resident Evil Gaiden

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki