FANDOM


テンプレート:文学BIOHAZARD to the Liberty』は、カプコンのゲームソフト『バイオハザードシリーズ』を木村睡蓮が小説化したホラーゲームノベライズカプコン公認バイオハザード小説大賞大賞受賞作。

生物兵器は登場するがバイオハザードシリーズ定番のゾンビは登場しない。

出版経緯 編集

書籍情報
BIOHAZARD to the Liberty 2002年 ISBN 978-4-8402-2093-4

出版関係 編集

あらすじ 編集

イギリスで発生した連続婦女惨殺事件はジャック・ザ・リッパーの再来としてイギリス国民を震撼させた。この事件の容疑者として捕えられたジャック・トランプは何故かアメリカに護送されることになる。さらに不可解なことに、移動手段はアンブレラが所有する。大型客船・リバティ号が用意されていた。その船内には、アンブレラの新型ウィルスが、最適な宿主を待つように眠っていた。

突如、船内になだれ込む米国海軍、ジャックを監視する謎の女。すべての欲望が交錯いたとき、逃げ場の無い戦場で一方的な狩りが始まる……。

登場キャラクター 編集

ホセ・ロペス
U.S.Marshalエージェント。ジャックの護送を担当。フランクでお喋りなところはあるが戦闘・工作スキルはプロ級である。
ジャック・トランプ
連続殺人鬼としてアメリカに護送される囚人。無口且つ強面で自己主張が少ない。囚人であるがホセやクーリックに反抗的な態度は見せない。
イワン・クーリック
U.S.Marshalエージェントの中年男性。ジャックの護送を担当。ホセに先輩として慕われている。
新聞記者
ジャックの起こした殺人事件を追っている男。本名不明。
ロバート・チャン
アンブレラ社研究員幹部。T-ウィルスに変わる新型ウィルス兵器に着手している。
ルイーズ・カー
アンブレラが雇った軍人、階級は中尉。女性。ロバートに好意を寄せている。
シルビア
リバティ号に父親と乗船した少女。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Lit-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki