FANDOM


Gウィルスに感染し発病した生物は、


体内で作り出す胚を他の生物に産み付けるという方法で

自己複製を行うが、産み付けられた胚は宿主の 激しい拒絶反応を受けない限り、十分な時間を かけて宿主の体と徐々に融合を続け、やがて宿主の体を自らの細胞組織と全て入れ替え、完全な G生物として生まれ変わる。

成熟するまでの期間は宿主の固体差によって様々だが、胚と宿主との細胞融合過程において早い時期であれば、特殊な抗原体を投与することでG生物化を止める事が出来る。この抗原体の生成方法は以下の通り。

ワクチン生成にはワクチンベースが必要となるのだが、これは活性処理機「VAM」で用意する。まずワクチンベースを収納するためのカートリッジを「VAM」にセットし、機械を作動させる。一定時間で処理は終わり、白色のワクチンベースが自動的にカートリッジにセットされるので、緑のランプを確認したら後はカートリッジを取り外し、次の段階へと進む。ワクチンベースが用意できたら、これをP-4レベル実験室のワクチン生成機にセットし、生成処理を行う。生成機はコンピューター制御されているため、スイッチを押すだけで自動的に生成プログラムを起動、およそ10秒程で生成処理は終わる。

以上の工程を経て「DEVIL」が完成する。

このワクチンは少しの衝撃や温度変化で変質してしまうため、 非常にデリケートに扱う事が大切である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki