FANDOM


S.T.A.R.S.は、カプコンのゲーム『バイオハザードシリーズ』に登場する架空の警察系特殊部隊。S.T.A.R.S.とは、Special Tactics And Rescue Service(特殊戦術および救助部隊)の略称[1]であり、日本語で「スターズ」と発音する。

概要 編集

選抜警官隊とは別にR.P.D.(ラクーン市警察)内に設置されている特殊班。ラクーンシティにおいて増加傾向にあった都市型テロや多様化していく組織犯罪、その他の緊急事態に対処するため[1]、「明るいラクーン21計画」[2]の一環で1996年に創設された。本部オフィスはR.P.D.署2階に存在する。 また、R.P.D.の管轄下であるが指揮系統からは半ば独立しており、独自に活動が可能であるなど、特殊な組織体制をもっていた[1]

1998年7月の「洋館事件」で多数の隊員が殉職すると共に、事件後のブライアン・アイアンズ署長に依る妨害工作や選抜警官隊の強化によるSWATの結成などが試みられた事で組織としてはかなりの弱体化を図られていた。その後ラクーンシティの崩壊によりR.P.D.自体が消滅する事となる。なお、S.T.A.R.S.生存者はラクーンシティ崩壊後も反アンブレラを誓い、活動を続けることになる。

編成 編集

S.T.A.R.S.の部隊編制の基本は、5名で1チームとする5マンセルであり、隊員は各チーム内において以下のポジションに振り分けられ作戦行動を行う。1998年7月時点で、アルファチームとブラヴォーチームの2チームが存在し、12名が在籍していた。

  • LDR(リーダー)
戦術的な作戦決定を行うチームの指揮官。隊長と副隊長がそれぞれアルファチーム、ブラヴォーチームのリーダーを担当している。
  • PM(ポイントマン)
偵察や陣地確保など最前線での活動を主任務とするため、最も戦闘能力の高い隊員が配置される。
  • BUM(バックアップマン)
PMの援護役。そのためPMとはコンビで行動することが多く、PMに並ぶ力量を持った隊員が担当する。
  • OM(オムニマン)
機器の操作や重火器の整備・運用などを行う。
  • RS(リア・セキュリティ)
ヘリの操縦や警護、後方警戒が主な任務。状況によっては狙撃手を担当する。各チームにはこのポジションの隊員が2名所属している。

隊員 編集

隊員の徴集は、他薦によるスカウト[1]と自薦による選抜試験[3][4]のいずれかで行われる。ただし、洋館事件からラクーンシティ崩壊にいたるまでは前者により徴集された隊員しか存在しなかった。 またS.T.A.R.S.は実力主義の元、官民混成の部署となっており、隊員は警察官や元軍人のみならず、民間人からも特定分野の専門家スカウトされている。

アルファチーム 編集

  • リーダー
  アルバート・ウェスカー
S.T.A.R.S.隊長。生物工学に精通し陸軍技術将校、アンブレラ幹部社員を経た後、アンブレラの推薦により隊長に就任。
  • ポイントマン
  クリス・レッドフィールド
空軍に所属していた経験を持ち、戦闘機ヘリコプターなど航空機の操縦に関しても高い技術を持つ。
  • バックアップマン
  バリー・バートン
火器の補充と整備を担当。元SWAT隊員。
  • オムニマン
  ジョセフ・フロスト
車輌の運用と整備を担当。
  • リアセキュリティ
  ジル・バレンタイン
トラップ・爆発物処理要員。 デルタフォース訓練課程を修了済。
  • リアセキュリティ兼パイロット
  ブラッド・ヴィッカーズ
化学防護要員。

ブラヴォーチーム 編集

  • リーダー
  エンリコ・マリーニ
S.T.A.R.S.副隊長。
  • ポイントマン
  ケネス・J・サリバン
化学防護要員。化学博士号を所持。
  • バックアップマン
  リチャード・エイケン
通信要員。
  • オムニマン 
  フォレスト・スパイヤー
整備・対電脳犯罪担当。
  • リアセキュリティ兼パイロット
  エドワード・デューイ
狙撃手。
  • リアセキュリティ
  レベッカ・チェンバース
衛生要員。化学、薬品に関して豊富な知識を持ち、飛び級により大学を卒業済。

関係者 編集

ケビン・ドゥーリー
R.P.D.警官。臨時のヘリパイロットとしてブラヴォーチームによる連続猟奇事件の捜査に参加。
ジョウ・ケンド
サンフランシスコ郊外でカスタムガンショップ「KENDO」を経営しているガンスミス。サンフランシスコ市警でSWATに所属していた経験を買われ、S.T.A.R.S.のトレーナーを勤めた後、S.T.A.R.S.制式拳銃「サムライエッジ」を製作。
ロバート・ケンド
ラクーンシティのガンショップ「ケンド銃砲店」の店主。ジョウ・ケンドの弟。S.T.A.R.S.隊員、特にバリーとは親交が深く、彼の注文により「サムライエッジ・バリー・バートンモデル」を始めとした特注モデルの銃を製造、納入している。

主要装備 編集

S.T.A.R.S.の活動資金はアンブレラやその他の民間企業が賄っているため、他の部署と比べ資金が豊富で、優れた装備を多数保有していた。
アメリカ軍でも採用されているM9を各隊員が装備している。
ベレッタM92Fのカスタムモデルサムライエッジを制式拳銃として採用しており、一部の隊員は各々の任務や嗜好に合わせ、更なる改造が施された専用モデルを使用している。
この他、私物では有るが洋館事件ではバリーが44口径に改造したコルトパイソンを携行しており、洋館事件以降は対B.O.W.用にデザートイーグルS&W M629などの大型拳銃を調達している。
洋館事件でジョセフがモスバーグM590、リチャードがベネリM4を携行。オフィス内のガンロッカーにはレミントンM1100-Pが保管されている。
洋館事件でフォレストが携行しており、後にピストルグリップを備えたM79 グレネードランチャーH&K社製の試作品などを調達している。
バーネット社製のピストルクロスボウがS.T.A.R.S.オフィス内のガンロッカーに保管されている。
この他、専用の通信機器やヘリコプターを保有している。

その他 編集

S.D.ペリーによる小説版やミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画版では、隊員の人数、組織の性格、設定が異なる。映画版ではジルを除いて物語の中心には置かれておらず、隊員も数十人在籍し常設的なS.W.A.T.といった組織であった。S.D.ペリーの小説では、1996年以前からR.P.D.内に存在しており、アイアンズ署長は元ブラヴォーチーム隊員という設定に変更されている。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『biohazard archives』株式会社カプコン、ISBN 4906582311、304頁
  2. ラクーン市の治安強化と環境整備を目的に、アンブレラがメインスポンサーを務めた一大プロジェクト
  3. アウトブレイクシリーズの主人公、ケビン・ライマンは2度S.T.A.R.S.選抜試験に落第していることから。
  4. 『バイオハザード アウトブレイク ファイル2 完全攻略ガイド』双葉社、ISBN 4575164283、4頁
執筆の途中です この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
sv:S.T.A.R.S.
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はS.T.A.R.S.にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki